ガメラ スロットマシン

BLUE ACTION MOL
001 WIND
CHALLENGER
STATEMENT
海の惑星とともに、
次へ。

BLUE ACTION 001 WIND CHALLENGER 未来へ、風をうけて走れ。

2022.10.18

風まかせ、という言葉があるくらい風は気まぐれだ。だから帆船は風の向きや強さによって帆を調整しなければならない。そんな操船技術の難しさや運航スケジュールの不透明さもあって、かつて海運の主流だった帆船は、石油を燃料とするエンジン船に置き換わっていった。しかし世界でカーボンニュートラルに向けた動きが活発化する中、いまもういちど帆船に注目が集まっている。

それが商船三井のプロジェクト「ウインドチャレンジャー」。クリーンエネルギーである「風」にもういちど着目し、最新技術で現代に帆船を蘇らせるという試みだ。帆の素材にはガラス繊維強化プラスチックを採用して軽量化。また風力を最大限利用できるように風の強さ・向きをセンサーで感知し、帆の回転や伸縮も自動制御する。風力を推進力としてプラスすれば、スピードを変えることなく燃料消費を抑えることができる。試算では日本~豪州航路で5%、日本~北米西岸航路で8%の削減*を見込む。

ウインドチャレンジャー技術を搭載した第1号船「松風丸」は、2022年10月ついに竣工。オーストラリアに向けて航海を開始した。証明しよう。発想を変えれば、逆風だって追い風にできる。商船三井のチャレンジが、海から世界を変えていく。

* 10万トンバルクキャリアに1本の帆を搭載した場合

風まかせ、という言葉があるくらい風は気まぐれだ。だから帆船は風の向きや強さによって帆を調整しなければならない。そんな操船技術の難しさや運航スケジュールの不透明さもあって、かつて海運の主流だった帆船は、石油を燃料とするエンジン船に置き換わっていった。しかし世界でカーボンニュートラルに向けた動きが活発化する中、いまもういちど帆船に注目が集まっている。

それが商船三井のプロジェクト「ウインドチャレンジャー」。クリーンエネルギーである「風」にもういちど着目し、最新技術で現代に帆船を蘇らせるという試みだ。帆の素材にはガラス繊維強化プラスチックを採用して軽量化。また風力を最大限利用できるように風の強さ・向きをセンサーで感知し、帆の回転や伸縮も自動制御する。風力を推進力としてプラスすれば、スピードを変えることなく燃料消費を抑えることができる。試算では日本~豪州航路で5%、日本~北米西岸航路で8%の削減*を見込む。

ウインドチャレンジャー技術を搭載した第1号船「松風丸」は、2022年10月ついに竣工。オーストラリアに向けて航海を開始した。証明しよう。発想を変えれば、逆風だって追い風にできる。商船三井のチャレンジが、海から世界を変えていく。

* 10万トンバルクキャリアに1本の帆を搭載した場合


BLUE ACTION MOL 関連記事 RELATED
ARTICLE

BLUE ACTION MOL一覧へ

海は、地球の表面の71.1%を占める。
世界中の国々が海でつながり、
海運をはじめとする経済活動は
⼈類の発展を支える基盤となってきた。
海とは、この地球の可能性そのものだ。
私たちが生きるこの星は、
「海の惑星」なのだと思う。
海からの視点を持てば、
そこにはまったく違う未来が広がる。
つねに海とともに進んできた私たちは、
そのポテンシャルを誰よりも知っている。
⼈類が共有するこの大きな価値を引き出して
持続的な成長をつくりだしていくことこそ、
商船三井グループの使命だ。
いまこそ私たちは、
自らの枠を超えてアクションを起こす。
海運を基盤としながら、
そこで得た知見を生かして、
海を起点とした社会インフラ企業へと
フィールドを拡張していく。
チャンスがあるなら、すべてに挑もう。
ここから、新しい希望をつくろう。


* 地球表面における海の割合71.1%は、国立天文台編纂『理科年表2022』を参照しています。