ガメラ スロットマシン

BLUE ACTION MOL
003 マングローブ再生・
保全プロジェクト
STATEMENT
海の惑星とともに、
次へ。

BLUE ACTION 003 マングローブ再生・
保全プロジェクト
「生命のゆりかご」を、
次の世代へ。

2022.11.10

マングローブ植林の炭素蓄積量

熱帯・亜熱帯地域の汽水域に生育するマングローブ。それは多くの生物が集まる、多様性に富んだとてもユニークで豊かな生態系だ。しかしこの「生命のゆりかご」もまた、伐採などによる減少が問題となっている。失われつつあるマングローブを再生・保全し、次世代に受け継いでいくために。商船三井はパートナー企業とともに、インドネシアにおける「ブルーカーボン・プロジェクト」に参画した。

ブルーカーボンとは、海洋生態系によって取り込まれた炭素のこと。マングローブは陸上の森林に比べて単位面積当たりでより多くのCO2を取り込み、炭素として蓄積することができることから、気候変動対策に大きく貢献する存在として注目されているのだ。このプロジェクトでは東京都23区の約3分の1にあたる23,500haのエリアで、マングローブの再生・保全を行い、約1,100万トンのCO2の吸収・削減に貢献することをめざしている。さらにマングローブには津波や高波からの減災効果があるほか、水質・土壌の浄化、生態系の回復・保全も期待されている。

マングローブを再生することは、私たちの惑星が本来持っている豊かさを再生し、次の世代にきちんとつないでいくことでもあるのだ。そして商船三井グループもまた、マングローブのように海と陸をつなぎ、⼈と自然をつなぐ役割を果たしていきたい。次世代の地球を生きるすべての生命のために。いま直面している危機に対して、いま動くことに意味がある。私たちは海からの視点を持った社会インフラ企業として、まずできることから具体的な行動を起こしていく。

熱帯・亜熱帯地域の汽水域に生育するマングローブ。それは多くの生物が集まる、多様性に富んだとてもユニークで豊かな生態系だ。しかしこの「生命のゆりかご」もまた、伐採などによる減少が問題となっている。失われつつあるマングローブを再生・保全し、次世代に受け継いでいくために。商船三井はパートナー企業とともに、インドネシアにおける「ブルーカーボン・プロジェクト」に参画した。

ブルーカーボンとは、海洋生態系によって取り込まれた炭素のこと。マングローブは陸上の森林に比べて単位面積当たりでより多くのCO2を取り込み、炭素として蓄積することができることから、気候変動対策に大きく貢献する存在として注目されているのだ。このプロジェクトでは東京都23区の約3分の1にあたる23,500haのエリアで、マングローブの再生・保全を行い、約1,100万トンのCO2の吸収・削減に貢献することをめざしている。さらにマングローブには津波や高波からの減災効果があるほか、水質・土壌の浄化、生態系の回復・保全も期待されている。

マングローブ植林の炭素蓄積量

マングローブを再生することは、私たちの惑星が本来持っている豊かさを再生し、次の世代にきちんとつないでいくことでもあるのだ。そして商船三井グループもまた、マングローブのように海と陸をつなぎ、⼈と自然をつなぐ役割を果たしていきたい。次世代の地球を生きるすべての生命のために。いま直面している危機に対して、いま動くことに意味がある。私たちは海からの視点を持った社会インフラ企業として、まずできることから具体的な行動を起こしていく。


BLUE ACTION MOL 関連記事 RELATED
ARTICLE

BLUE ACTION MOL一覧へ

海は、地球の表面の71.1%を占める。
世界中の国々が海でつながり、
海運をはじめとする経済活動は
⼈類の発展を支える基盤となってきた。
海とは、この地球の可能性そのものだ。
私たちが生きるこの星は、
「海の惑星」なのだと思う。
海からの視点を持てば、
そこにはまったく違う未来が広がる。
つねに海とともに進んできた私たちは、
そのポテンシャルを誰よりも知っている。
⼈類が共有するこの大きな価値を引き出して
持続的な成長をつくりだしていくことこそ、
商船三井グループの使命だ。
いまこそ私たちは、
自らの枠を超えてアクションを起こす。
海運を基盤としながら、
そこで得た知見を生かして、
海を起点とした社会インフラ企業へと
フィールドを拡張していく。
チャンスがあるなら、すべてに挑もう。
ここから、新しい希望をつくろう。


* 地球表面における海の割合71.1%は、国立天文台編纂『理科年表2022』を参照しています。