ガメラ スロットマシン

トップページ > 事業紹介 > 液化ガス船事業

液化ガス船事業

拡大するクリーンエネルギーの安定輸送をめざして

砕氷LNG船「VLADIMIR RUSANOV」

最新ニュース


サービス概要

LNG(液化天然ガス)は、環境にやさしいクリーンなエネルギーとして、世界各国で需要が増加しています。商船三井は、1983年にLNG輸送に参画して以来、多くのノウハウと実績を積み重ね、LNG船の所有・管理・運航において、世界トップクラスのシェアを誇ります。さらに2018年にはロシアのヤマルLNGプロジェクト向けに北極海航路を切り拓く邦船社で初となる砕氷LNG船の運航を開始するなど、最先端を走る取り組みを行っています。

商船三井では、東京・ロンドン・香港・ジャカルタ・マスカット(オマーン)・アルズー(アルジェリア)の世界6拠点でLNG船の船舶管理を行い、高度な輸送技術と熟練した人材で安全運航を維持しています。

商船三井は、LPG(液化石油ガス)の輸送を担うLPGタンカーを保有・運航しており、2016年にはLNG船、LPG船の両分野で得た豊富な経験とノウハウを活かして、インド・リライアンス社との戦略的提携により世界初となる大型液化エタン専用船による輸送事業に参入しました。

今後も拡大が見込まれる液化ガス輸送需要に応えるべく、安全で確実な海上輸送サービスの提供に努めていきます。

LNG船「LNG PIONEER」
世界初の大型エタン輸送船「ETHANE CRYSTAL」

歴史

1983年 LNGの海上輸送事業に参入。
1984年 「泉州丸」就航。
1993年 カタールLNGプロジェクト契約締結。
2001年 オマーン政府と同国の海運産業の育成に関する契約締結。
2011年 インドネシア初の内航LNG輸送プロジェクト契約締結。
2013年 中国石油化工(SINOPEC)向けLNG輸送プロジェクトに参画。
2014年 ロシア・ヤマルLNGプロジェクト向け輸送参画、新造砕氷LNG船3隻の造船 契約締結。
2015年 海外船社として初の中国建造LNGプロジェクト第一船「PAPUA」竣工。
2017年 ロシア・ヤマルLNGプロジェクト向け新造砕氷LNG船第一船「VLADIMIR RUSANOV」竣工。

関連リンク:グループ企業一覧