ガメラ スロットマシン

トップページ > 事業紹介 > タンカー事業

タンカー事業

液体貨物輸送のエキスパートとして

大型原油タンカー(VLCC)「KAZUSA」

最新ニュース


サービス概要

メタノールを燃料とする主機関を搭載した世界初のメタノール運搬船「TARANAKI SUN」

商船三井は、VLCC(Very Large Crude Oil Carrier : 20万重量トン以上)と呼ばれる大型原油タンカーおよびアフラマックスと呼ばれる中型原油タンカーを擁し、世界の原油の安定供給に貢献しています。また、軽油やナフサ、ガソリンなどの石油精製品輸送を担うプロダクトタンカー、液体化学品輸送を担うケミカルタンカーやメタノールタンカーなど、輸送貨物の特性に応じた船隊を充実させています。

また、窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)の排出量を低減できる環境に優しい燃料として注目されているメタノール燃料への切替が可能な機関を導入するなど最新鋭技術への対応も他社に先駆けて進めています。

専門性の高い原油・石油製品輸送を実現するため、タンカーに特化した船舶管理会社をグループ内に持つことで、タンカーの船舶管理ノウハウを集約し、顧客サービスの向上と安全かつ効率的な輸送を徹底しています。また、自営研修施設において油送船の運航と荷役のノウハウを集約した船員教育・訓練を実施するとともに、見習い船員の段階から実際にタンカーへ乗船させる実践的な育成システムを整備しています。

超大型油タンカー「EAGLE TRADER」
プロダクトタンカー「GARNET EXPRESS」

歴史

1936年 三井物産(三井船舶)最初の油送船「音羽山丸」竣工。
1952年 第2次大戦後、三井船舶最初の油送船「音羽山丸」(2代目)竣工。
1962年 大阪商船が建造した初の油送船「おりおん丸」竣工。
1969年 ジャパンライン初のVLCC「ジャパン カンナ」竣工。当時日本最大。
1983年 日本初の大型外航メタノール船「甲山丸」竣工。
1992年 ナビックスライン初のダブルハルタンカー「STENA CONCERT」竣工。
1995年 当社初のダブルハルVLCC「ATLANTIC LIBERTY」竣工。
1999年 世界最大のメタノール船「MILLENNIUM EXPLORER」竣工。
2003年 日本初のアンモニア輸送船「GAS ORIENTAL」竣工。
2016年 世界初の大型エタン輸送船「ETHANE CRYSTAL」竣工。
2019年 MOL Chemical Tankers Pte. Ltd.によるタンクコンテナ事業への参画。

関連リンク:グループ企業一覧