ガメラ スロットマシン

トップページ > 事業紹介 > ターミナル事業

ターミナル事業

コンテナ輸送のバリューチェーンの要となる自営ターミナル

TraPac ロサンゼルス ターミナル(米国)

サービス概要

タン・カン・カイメップ コンテナターミナル(ベトナム)

商船三井グループは、東京・横浜・名古屋・大阪・神戸の5ヵ所におけるコンテナターミナルの運営をはじめ、国内各地にて自動車船その他在来貨物船の荷役サービスを行い、総合的な港湾事業を展開しています。海外においても、7ヵ所(米国3ヵ所、ベトナム2ヵ所、タイ1ヵ所、オランダ1ヵ所)でコンテナターミナルを運営。

各施設で荷役機器の電動化あるいはハイブリッド化を進めており、環境・安全に配慮した運営に努めています。

ロッテルダムワールドゲートウェイ(オランダ)
東京国際コンテナターミナル

歴史

1969年 大阪国際コンテナターミナル(OICT)を南港C2で開業。
1971年 東京国際コンテナターミナル(TICT)を大井-4/5号で開業。
1972年 名古屋コンテナふ頭株式会社(NCB)設立・参画。
1974年 神戸国際コンテナターミナル(KICT)をPC-7/8/9で開業。
1986年 横浜国際コンテナターミナル(YICT)を本牧D-5で開業。
1987年 TraPac ロサンゼルスターミナル開業。
1990年 TraPac オークランドターミナル開業。
1991年 タイ・レムチャバンTIPSターミナル開業。
1996年 神戸港にてKICTが高規格のPC-14/15に移転。
2001年 再整備後の新3・4号として東京国際コンテナターミナル(TICT)が運用開始。
2005年 名古屋・飛島コンテナ埠頭(TCB)開業。
2009年 TraPac ジャクソンビルターミナル開業。
2011年 南ベトナム・Tan Cang Cai Mep International Terminal(TCIT)開業。
神戸港でKICTが耐震整備されたPC-16/17に移転。
2014年 TraPac ロサンゼルスターミナルにおいて北米西岸初となる自動荷役システムを導入。
2015年 最新鋭の完全自動化コンテナターミナルRotterdam World Gate Way(RWG)開業。
東京港で最大船型を扱える大型クレーンをTICTに設置。
2016年 TraPac ロサンゼルスターミナル内のオンドックレール完工。
PC-15の全面借受によって、KICTが国内初の3バース一体運営を開始。
2017年 タイ・バンコク コンテナバージ専用ターミナル開業。
2018年 北ベトナム初の大水深ターミナルTan Cang Haiphong International Container Terminal(HICT)開業。

関連リンク:グループ企業一覧