ガメラ スロットマシン

トップページ > サステナビリティ > サステナビリティ経営

サステナビリティ経営

気候変動対応をはじめとした環境意識の高まりや情報通信技術の急速な進展など、社会の在り方や価値観が急激な変化を遂げる現在、企業に求められる経営の在り方も大きく変化しています。 商船三井グループは、海上輸送を中心に様々な事業を展開し、人々の営みを維持するうえで欠かせない社会インフラの役割を担っています。
商船三井グループでは、このような事業活動を通じて優先的に取り組むべき社会課題として、5つのサステナビリティ課題(マテリアリティ)を特定し、経営計画「BLUE ACTION 2035」に組み込む形で、課題解決に向けた取り組みを推進しています。
また、サステナビリティ課題に取り組むことは、SDGs達成に貢献すると共に、当社の持続的な企業価値向上に繋がると考えています。

企業理念、グループビジョン、MOL CHARTSはこちら